ごあいさつ

思いと考え

 

ひとくちに鍼灸と言っても、多くの流派が存在します。

 

当院では日本伝統鍼灸という考え方にのっとり医道の本道をあゆむべく、

日々研鑽努力しております。

 

病名治療ではなく、その予防・回復も含め健康というものの維持増進に

お役に立てると考えています。「心身の不調としっかり向き合う」それが

本来の鍼灸であり、痛みや苦痛のない治療を通して実現できるものだと

多くの方にご支持いただいている理由のひとつだと考えております。

私にとって鍼灸(しんきゅう)は希望です。

 

それは自分自身が幼少期に病弱だった苦痛から救われた経験が大きくあります。そして、今では鍼灸の道を志すことによって多くの方の不安を減らし、笑顔を取り戻すきっかけや苦難を歩む支えになっているという事実からも言えます。

 

健康でいることの素晴らしさは、何物にも代えがたいものです。

 

当たり前に思えることの大切さに気づき、心身ともに健康の維持増進のためにお役に立てればと考えています。あなたの希望になれるよう日々努力研鑽して参ります。

 

 

略歴

 

1976年  埼玉県日高市に生まれる

1995年  川越南高校 卒業

1998年  日本鍼灸理療専門学校 卒業 

1998年  はり師、きゅう師 国家資格取得

1998年  本田鍼灸院 本田維宏先生に師事(-2001年)

2001年  往診専門にて開業

2002年  松本鍼灸院  開設 


 

展望

 

鍼灸師は東洋思想の専門家であるべきだと考えます。従いまして「治療」の範囲にとどまらず「よりよく生きる」を目指し実践するよう3つの柱を掲げ進めていこうと考えております。

 

1) 伝統鍼灸に立脚した治療技術の向上

2) 地域医療を担う後進の育成

3) 東洋思想の普及啓蒙による社会貢献